産後 胸 垂れる 治す

産後の胸は垂れるらしいんです

バストの垂れ阻止やバストアップにおいては筋トレやエクササイズが効果があります。それじゃ一体どんな様な筋トレやエクササイズ方法をしたら、バストの垂れを予防可能で、バストアップに及ぶかしら?

 

ここでは おすすめできる筋トレ方法 をご案内します。

 

エクササイズとはバストアップに限らず、ダイエットや美容の理由からやり切る人もいて、目的ごとでメニューが異なっています。ストレッチや体操、エアロビ、ヨガなんかも運動の中の1つになるのです。

 

一方で筋トレはダンベルといった重量物を使って、筋肉に負荷を掛けて筋力アップする訓練です。毎日の生活では全く使わない筋肉なんかも鍛えていくのです。

 

バストの垂れが起きる原因は老化に因るものとかたくさんあるのですが、その1つに 筋力低下 が存在します。乳腺や脂肪細胞をフォローしている大胸筋の筋力下降が発現すると、大胸筋が乳房の重量にこらえきれなくなり下垂が生じております。

 

筋トレをして、大胸筋をキッチリと鍛えてアップさせるとバストアップに働き下垂も防止出来るのです。加えて筋トレに影響されてバストラインを整備されるので、ビジュアルも大きくバストアップした感じがするわけです。

 

 

腕立て伏せ

 

たやすくできる筋トレ方法と言うなら、一番初めは腕立て伏せ。腕立て伏せは誰もがやったことがあると言っても良いくらい知られている筋トレですね。

 

腕立て伏せは二の腕を強化するのに加えて、大胸筋を鍛える結果にもつながります。膝を立て、腕を前後に置けばいくつもの角度の大胸筋を強くなるので一層バストアップに効率的です。

 

 

ダンベル

 

同様に家に手軽にできる筋トレからすればダンベルが存在します。ダンベルが無いケースは500ミリのペットボトルに水を入れた物でも代用出来ます。

 

仰向けに変わった状況の中でダンベルを胸の横に構え、息を吐きつつダンベルを胸の上に押し上げるのです。息を緩やかに吸いつつダンベルを下ろして行きます。

 

大胸筋に力を入れる事を意識を集中させながらキッチリと肘を伸ばしきります。その筋トレを10回1セットとしまして、1日2〜3回行うことで効果を発生させます。

 

 

拝みポーズ

 

ラストにもうひとつ、とっておきの筋トレ方法が拝みポーズになります。拝みポーズはチェストサンドとも呼ばれており、両手を精一杯押しあう筋トレ方法です。

 

こちらの筋トレ方法は、器材もことも要らず、TVを見ている際や入浴中でも可能です。バストアップしたいとお考えの女性は拝みポーズの筋トレをやっている人は一杯いますよ。

 

肘を直角に伸ばし、胸の前で両手に力を注いで押し合うと、大胸筋が強くなります。垂れてあったバストも上向きとなって、お望み通りの美乳をゲットできるのでおすすめできる筋トレ法です。

 

 

簡単エクササイズで育乳ケア

 

バストの下垂予防やバストアップにはやはり直接筋肉を鍛えることが大事になります。。

 

面倒ですが、毎日継続していくことによって、バストのハリ、弾力は保たれ、上向きのバストを入手できます。

 

ここではバストアップ、バストの下垂予防に影響を及ぼす エクササイズでおすすめのものを紹介しますね。

 

 

おっぱい体操

 

まずやってほしい運動がおっぱい体操です。

 

おっぱい体操は女性用雑誌やTV等でも特別掲載が組まれるほど話題を呼んでいるエクササイズ。

 

バストの垂れのみならず、バストアップの効果もあり、ふわふわのマシュマロバストを手に入れられるんですよ。

 

おっぱい体操エクササイズのって実はかなり簡単な方法なんです。

 

さっそくバストの片方を手で持ち上げて、内側に向かって斜め上の方向へ揺らします。

 

1秒間に2、3回揺らすリズムで、これを20〜30回くらいリピートします。

 

逆側のバストも同じ様に揺らしていきます。

 

そのあとバストを持ち上げます。 両手で脇から真ん中に向かって寄せて上げるような感じで持ち上げるんです。

 

そしたら、そのまま上に向かって1秒間に2、3回のペースで揺らし、この運動も20〜30回繰り返します。

 

ほんのこれだけエクササイズでバストにハリ、弾力が蘇り、つんと上に向いたバストを手に入れられます。

 

血行がアップしているお風呂あがりに実施すると効果が期待できるので、ぜひお風呂上りのトライしてみてください。